インプラント

インプラントとは

板橋ステーション歯科のインプラント

インプラントという言葉をご存知ですか?インプラントとは、人工歯根を顎の骨に植えて、失くした歯を取り戻す方法のことです。当院では顎咬合学会の認定医による総合的なインプラント治療を行うことができます。ご不明な点等ございましたらお気軽にお問合せください。

インプラントをおすすめする理由

最大の長所は、無くした歯の負担を、残っている健全な歯へあたえないですむことです。欠点としては、簡単な外科手術を行わなければならないこと、自由診療のため少々お金がかかることです。

当医院ではインプラントを予防の一環と捉えています。 失った歯をインプラントで補うことにより、さらなる欠損を予防するからです。患者様ご自身の歯を最大限残す努力を行い、ご自分の歯で長く噛んでいただけるよう予防、治療に取り組みます。不幸にも病気が進行し、歯や骨を失った場合は歯周病治療や修復治療、インプラント治療などを連携した総合治療により歯や骨を再建し、何でもしっかり噛めるようにするとともに、治療後の健康が長く維持できるように治療を行います。

インプラントの
メリット・デメリット

① 歯が中間で1本抜けた場合

従来の治療法(ブリッジ)

隣の健康な歯を削りブリッジします。必要最小限とはいえ、健康な歯を削ることになります。

メリット
  • 固定式なので、違和感が少ない。
  • 天然の歯と同じ様に自然な仕上がりになる。
  • 保険でも治療を行う事ができる。
デメリット
  • 歯を削らなければならない。
  • 支えになる歯への負担が大きい。

インプラント治療法

インプラントは隣の健康な歯を削ることなく植立します。見た目も使い心地もご自分の歯と同様に馴染みます。

メリット
  • 固定式なので、違和感が少ない。
  • 見た目の上で自分の歯と同じ様に見える。
  • 他の歯を削る必要がない。
デメリット
  • 外科手術が必要。
  • 保険外の治療である。

② 歯が中間で2本抜けた場合

従来の治療法(ブリッジ)

抜けた2本の歯の大きな噛む力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジします。
支える健康な歯に過度の力が加わることになります。

メリット
  • 固定式なので、違和感が少ない。
  • 天然の歯と同じ様に自然な仕上がりになる。
  • 保険でも治療を行う事ができる。
デメリット
  • 歯を削らなければならない。
  • 支えになる歯への負担が大きい。

インプラント治療法

抜けた数だけインプラントを植立できます。
インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。前後の歯も損ないません。

メリット
  • 固定式なので、違和感が少ない。
  • 見た目の上で自分の歯と同じ様に見える。
  • 他の歯を削る必要がない。
デメリット
  • 外科手術が必要。
  • 保険外の治療である。

③ 奥歯が数本抜けた場合

従来の治療法局部床義歯(部分入れ歯)

取りはずしの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。さらに止め金で固定します。
口の中にバーや止め金の異物があるため食事・発音に異物感があり、慣れる必要があります。

メリット
  • 健康な歯を削る必要がない。
  • 保険治療を行う事ができる(保険外の入れ歯もあります)。
デメリット
  • 取り外して手入れをする必要がある。
  • 異物感がある。
  • 固い物が咬みにくい。
  • 発音がうまく出来ない場合がある。
  • あごの骨がやせる場合がある。

インプラント治療法

数本のインプラントを植立し、インプラントどうしを連結します。
入れ歯を固定するバーや止め金が不要となり、もとの歯があった状態に近くなります。

メリット
  • 固定式なので、違和感が少ない。
  • 見た目の上で自分の歯と同じ様に見える。
  • 他の歯を削る必要がない。
デメリット
  • 外科手術が必要。
  • 保険外の治療である。

④ 歯が全部抜けた場合

従来の治療法全部床義歯(総入れ歯)

全部に床と歯のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になり動きやすくなります。

メリット
  • 1.健康な歯を削る必要がない。
  • 2.保険治療を行う事ができる(保険外の入れ歯もあります)。
デメリット
  • 取り外して手入れをする必要がある。
  • 異物感がある。
  • 固い物が咬みにくい。
  • 発音がうまく出来ない場合がある。
  • あごの骨がやせる場合がある。

インプラント治療法

数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。
入れ歯が安定し、動きにくくなると共にしっかりと噛むことができます。

メリット
  • 固定式なので、違和感が少ない。
  • 見た目の上で自分の歯と同じ様に見える。
  • 他の歯を削る必要がない。
デメリット
  • 外科手術が必要。
  • 保険外の治療である。

インプラントの手術について

インプラントには興味があるけど手術が怖いと思ってあきらめていませんか?
ここでは、あなたが悩んでいる痛みや、入院についてご説明いたします。

痛みや腫れ、入院について

手術等の痛み

「気づいたら終わってる」というような感覚。インプラント手術は、通常、身体への負担の多きい全身麻酔ではなく局所麻酔で行います。勿論、手術中は痛みを感じることはありません。

手術時間と入院

入院は必要ありません。(骨の再生治療を行った場合でも、入院は不要です。)

インプラントの埋入手術だけであれば、30分程度、骨の再生治療をあわせて行った場合でも1時間から1時間半で完了します。多数のインプラントを埋入する 場合には、2時間以上かかることもあります。麻酔が残っている場合には、少しお休みになってからお帰りになることをお勧めしていますが、ご来院からお帰りまで2時間から3時間程度です。 二回法の二次手術は 、約30分くらいです。

麻酔

当日朝の食事制限等はありませんが、傷口の早期回復のため、いくつかの注意点があります。

「麻酔を使用するに当たっての注意点」

  • 手術日前後の飲酒は控えてください。
  • 手術前後の喫煙は控えてください。(できれば手術前後2週間は禁煙)
  • 睡眠を十分にとり、体を休めてください。
  • 傷口がふさがるまでは食べたものが直接当たらないようにしてください。(一回法の場合は特に注意)
  • 抗生物質を必ず服用し、十分な睡眠を取ってください。

手術後の腫れ

埋入したインプラントの本数が少ない場合や骨増生を行わない場合は、少し腫れます。インプラントの本数が多い場合や、骨を増やす処置(骨移植、サイナスリフト、GBRなど)を行った場合は、腫れがでてしまいます。

腫れは手術後二日目が ピークで、あとはだんだんと落ち着いていきます。約一週間後には腫れは元に戻っていきます。手術後に腫れがでると驚かれる方も多いですが、身体の自然な反 応ですので心配される必要はありません。

インプラント治療の流れ

STEP1.診断と治療計画

板橋ステーション歯科のインプラント

まず体の健康状態を確認します。次にレントゲン写真・模型上で咬みあわせ・骨の量・形状、埋入位置を決定します。

STEP2.インプラント植立

板橋ステーション歯科のインプラント

インプラントの埋入手術を行います。約1時間くらいです。

STEP3.治療期間

板橋ステーション歯科のインプラント

6~8週間待ちます。

STEP4.印象(型取り)

板橋ステーション歯科のインプラント

型取りを行います。2週間くらいで仕上がってきます。

STEP5.補綴(セラミックの歯)

板橋ステーション歯科のインプラント

お口の中で微調整を行います。

STEP6.治療チェック

板橋ステーション歯科のインプラント

検診で確認させていただきます。被せ物は術者によって着脱可能です。土台と被せ物のクリーニング、ネジの締まり具合を調整します。

インプラント
:下の前歯を失った状態

このままでは審美的・機能的に問題があります。従来ではブリッジ・部分床義歯などで回復を図っていました。

板橋ステーション歯科のインプラント

1次手術

歯肉を切開してインプラント体を埋入します。
このあと、歯肉を縫合してインプラントと骨が結合(インテグレーション)するのを待ちます。待機期間は部位・術式・インプラントの種類などにより異なります。

板橋ステーション歯科のインプラント

2次手術

骨と結合したインプラントの一部を歯肉から露出させます。
歯肉の治癒と形態が整うのを待って土台(アバットメント)を装着します。前歯部などで審美的要求の高い場合、臼歯部(奥歯)で咬合(咬み合わせ)の経過をみる必要がある場合などは仮歯にして審美性・機能性の確認をします。

板橋ステーション歯科のインプラント

補綴物の装着準備

審美的・機能的に問題なければ最終補綴物に移行します。

板橋ステーション歯科のインプラント

完了

最終的な歯が装着されました。

板橋ステーション歯科のインプラント

他院にてインプラントが
困難といわれた方へ

顎の骨が少なくインプラント治療が困難と言われた方も、特別な方法によってインプラント治療を行うことが出来ます。

GBR法

本来、骨の中にインプラントを埋入しますが、骨幅が少ないとインプラント体が露出してしまうことがあります。

しっかり骨に植え込まないとインプラントが強固に固定できなくなってしまい動揺などを起こしてしまいます。それを防止するために骨の不足しているところに骨充填材を置き、更に吸収性のあるメンブレン膜というもので覆います。しっかり結合するまで4~6ヶ月程様子をみてからインプラントを埋入する手術を行います。

板橋ステーション歯科のインプラント
術前 術後 インプラント植立
板橋ステーション歯科のインプラント 板橋ステーション歯科のインプラント 板橋ステーション歯科のインプラント

下の顎と違い上の顎にインプラントを埋入する場合、上顎洞の存在を確認しなければなりません。インプラントを埋入する際、骨の深さは理想として10ミリ程必要になります。そのため上顎洞との距離が近かったり骨の厚みが足りないとインプラント体が上額洞をつきぬけてしまいます。

そこで人工的に骨の厚みを作ってあげ埋入したときに上顎洞をつきあげずにすむことができる方法があります。

ソケットリフト法

専用の道具を使用して上顎洞の底を上に押し上げながら人工骨を使い骨の厚みを作りインプラントを埋入する方法です。既存骨(元々ある骨)が5ミリ以上ある場合はソケットリフト法が可能です。メリットは一回の手術で同時に行うことが可能です。

サイナスリフト

既存骨が5ミリ以下の場合はサイナスリフトの方法になります。上顎洞に窓を開けそこから人工骨を足していきます。1回の手術で同時にインプラントを埋入できる場合としっかり骨ができるまで数ヶ月様子をみてからインプラントを埋入の2回に分けて行う場合もあります。

板橋ステーション歯科のインプラント

どちらの方法でも

  • 上顎洞内の病変(上顎洞炎)
  • アレルギー性鼻炎
  • 上顎の放射線治療を受けている
  • ヘビースモーカー

の場合はこの処置をできないことがあります。

ソケットリフトとサイナスリフトの大きな違いとしては手術を行う際アプローチをする部位がソケットリフトの場合、形成カ(ドリルで穴を開けたところから)サイナスリフトの場合、側壁(上顎洞の横から穴を開けたところから)となります。

特別なインプラント

板橋ステーション歯科のインプラント

総入れ歯の方や多くの歯を失った方に、4本のインプラント体をバランスよく骨に埋入する手術のことです。その日に固定式の仮の歯をいれますので、すぐに噛むことができますし、機能面だけではなく、審美的にも自然です。もちろん入院の必要はございません。6本埋入する場合 は、ALL ON 6(オールオンシックス)と呼びます。

ALL ON 4 (オールオンフォー)

以前は片顎で14本歯がない総入れ歯の方の場合、インプラントを10~14本埋め込む手術が一般的でした。本数が多いと、手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用もかさみました。しかし、最近の研究で、特殊な技術を用いて埋め込めば、日常生活に必要な12本(片顎)の人工の歯を支えるために必要なインプラントは、4~6本にできることがわかったのです。必要最少本数(4本)で、上または下の歯をすべて支える――これが ALL ON 4 (オールオンフォー)の考え方です。この方法は欧米で普及してきており、患者様の費用、腫れ、手術時間や精神的な面でも負担を減らすことができます。

また、骨が薄い場合、これまではインプラント治療をあきらめるか、あるいは大がかりな骨の移植手術をしてから臨むしか方法がありませんでしたが、このような場合にも、このALL ON 4(オールオンフォー)であれば移植手術なしにインプラント治療をすることができます。埋入の本数は、骨の状態をCT撮影し、3次元的に検討した上で最適な本数を決定します。埋入後は、その日のうちに仮歯を固定しますので、軽いお食事や会話に困ることはございません。

最新のインプラント治療

インプラントのオペが変わります

インプラントの手術を安全かつ正確に行うため「アイキャット」を導入しました。「アイキャット」とは・・・

インプラントの手術において一番考慮しなくてはいけないのがあごの骨がどのくらい残っているかということです。骨の少ないところにインプラントを入れてしまうと骨がインプラントを強固に維持していくことが困難になりやがてインプラントが動揺を起こしてしまう可能性があります。

今までのインプラント治療の診査・診断にはパノラマ写真とCTで骨の状態、埋入位置を確認し手術が行われていました。 しかし実際骨がどのくらい足りないかなど判断するのは精密に診断するには難しいケースもあります。しかしICATを取り入れた事により3次元的により詳しく診断することが可能になり、骨がどのくらい残っているかなど精密に分析ができたり埋入位置も手術前から決定されているので手術時間が今までよりもかなり短縮されまた患者様の手術後の腫れのリスクが軽減することができます。

3D画像 レントゲン撮影
板橋ステーション歯科のインプラント 板橋ステーション歯科のインプラント
口腔内写真 研究用模型 CT撮影
板橋ステーション歯科のインプラント 板橋ステーション歯科のインプラント 板橋ステーション歯科のインプラント

肉眼上では実際骨が歯茎で覆われているので骨の量が確認しにくいですが歯茎に厚みがないことが確認できるので骨質が少ないだろうと予想できます。CT撮影でみると歯茎の中の組織がわかるのでどれだけ骨が足りないか肉眼上よりも更にわかりやすく確認することができます。

3D画像では断面図も再現可能なのでどこの部分にどれだけ骨が足りないのか手術前に確認ができるためより安全な治療計画ができます。 CT・3Dによってどの深さまで埋入ができるのかより詳しく確認できるため術前にリアルなシュミレーションが作れます。

中心付近の縦長の円の印の部分にインプラントを埋入する予定になり、青いラインが入ってるところにインプラントを埋入する予定の位置となります。

板橋ステーション歯科のインプラント

サ-ジカルガイド

板橋ステーション歯科のインプラント

埋入を正確に行うために「サ-ジカルガイド」というものを作成します。

「サ-ジカルガイド」とは患者様の」口腔内に合わせて作られたマウスピース型のガイドになります。埋入する箇所に穴があいており、その部分に合わせてドリルで形成することによって穴をあける場所がずれず安全に埋入することができます。

インプラント手術の様子

①ガイドを口腔内に合わせます

①ガイドを合わせる ②アイキャット専用の機材を
用いて形成
③ドリリングが終わり
穴が形成される
④インプラント埋入 ⑤骨の不足箇所に人工骨を充填 ⑥縫合して終了

人工骨も足したので歯茎に十分な厚みがとれています。アイキャット専用の機材を用いて形成する際、サージカルガイドには事前に穴が空いてるので、形成時ずれることなく正確にドリリング(骨に穴をあけること)ができます。

このような術式でオペは行われます。サージカルガイドがあることによってスムーズに手術を進めることができるので患者様のリスクや負担をかなり軽減できます。

インプラントQ&A

Q.インプラントは誰でもしてもらえますか?

A.歯周病が進行している場合や身体が健康でない場合、インプラントはできないこともあります。
歯周病が進行している場合や身体が健康でない場合、インプラントはできないこともありますので、歯科医師と充分に話し合うことです。 また、顎の骨の状態によってはできない場合もあります。

Q.インプラントをすると、どれくらい噛めるようになりますか?

A.入れ歯よりもしっかり噛めるようになり、見た目も美しくなります。
入れ歯が粘膜に支えられるのに対して、インプラントは顎の骨に支えられます。このため入れ歯につきものの大きなプラスチックや金具が不要でガタつきもありません。ですから、入れ歯よりもしっかり噛めるようになり、見た目も美しくなります。

Q.インプラントはどのくらいもちますか?

A.何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。
インプラントはチタン製でとても丈夫で生体親和性が良いので、何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。 しかし、はみがきが十分にできないでインプラントの周りに歯垢がついた状態にしていると天然歯と同様、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてグラグラ動いてしまいます。 インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりとはみがきし、必ず定期検診を受けてチェックと指導をしてもらわなければなりません。

Q.インプラントをすると、どれくらい噛めるようになりますか?

A.入れ歯よりもしっかり噛めるようになり、見た目も美しくなります。
入れ歯が粘膜に支えられるのに対して、インプラントは顎の骨に支えられます。このため入れ歯につきものの大きなプラスチックや金具が不要でガタつきもありません。ですから、入れ歯よりもしっかり噛めるようになり、見た目も美しくなります。

Q.治療の成功率はどのくらいですか?

A.95%以上がまったく何の問題もなく機能し続けております。
成功率を分析するために複数の病院で1003人の患者様に計2359本のインプラントを入れ、8年間に渡って追跡調査した文献報告では、95%以上がまったく何の問題もなく機能し続けております。

Q.どこまで自然に近づきますか?

A.自然に近い状態に復元することができます。
自然の歯とまったく同じ、と言うわけにはいきませんが、自然に近い状態に復元することができます。特に、入れ歯で問題になる「落ちる」「噛めない」「味が分からない」などの問題点は、インプラントの場合、はるかに自然に近い状態になります。

Q.何本入れればいいのですか?

A.歯一本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。
抜けた歯一本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。また、インプラントで維持させる床のついた義歯を入れる場合は少ない数のインプラントで大丈夫です。

Q.治療期間はどれくらいかかるのですか?

A.4~24週間かかります。
一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと人にもよりますが、4~24週間かかります。 その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合とすぐに入れることができる場合があります。ITIインプラントの場合はインプラント手術の後、数週間で上 の歯まで入れることができます。(顎骨の状態など、様々な条件が良好な場合に限ります。)

Q.治療費はどのくらいかかりますか?

A.上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。
事前によく相談して下さい。インプラント治療は自由(自費)診療ですので診察を含め、保険はききません。使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。事前によく相談して下さい。

Q.手術は怖くありませんか? 痛くありませんか?

A.局部麻酔をかけますのでほとんど痛みは伴いません。
手術の種類、インプラントの本数にもよりますが、手術のとき、局部麻酔をかけますのでほとんど痛みは伴いません。イメージとしては歯を抜く手術に近いでしょう。

Q.手術後の注意は?

A.はみがきは手術当日はやめ、その後は先生の指示に従って下さい。
1~2日の腫れている間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあります。食事はかたいものを避け、ジュースやスープなどの流動食や 栄養バランスに優れたベビーフードなどを摂って下さい。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが強くうがいはしないで下さい。また、大きく口をあけたり、笑ったりするのも避けて下さい。薬は指示通りにきちんと服用して下さい。はみがきは手術当日はやめ、その後は先生の指示に従って下さい。

Q.治療後に注意することはありますか?

A.定期検診によるメインテナンスが重要となります。
治療後の手入れが重要です。日々の御自分でのケアと歯科医院での定期検診によるメインテナンスが重要となります。

Q.インプラント治療に年齢制限はありますか?

A.条件が満たされている限りどなたでもインプラント治療を受けることができます。
最低16歳以上(骨の成長がほぼ終了)で、医学的、解剖学的に条件が満たされている限りどなたでもインプラント治療を受けることができます。年齢の上限はありません。

Q.インプラント治療に適しているのはどんな人ですか?

A.歯科医院が詳しく診査しますので心配はありません。
適しているかどうかの判断は、顎の骨の量に関係しますが、重い全身疾患などの問題がない限り、ほとんどの成人はインプラント治療が可能です。治療の前には、必ずインプラント埋入手術が可能かどうか、歯科医院が詳しく診査しますので心配はありません。

Q.手術には入院が必要ですか?

A.ほとんどの場合、入院の必要はありません。
埋入する本数にもよりますが、ほとんどの場合、入院の必要はありません。手術後にインプラントが骨と結合するまでの時間を安静に過ごすことが大切となります。

Q.インプラントを骨に埋入することで、身体に影響はありますか?

A.体に悪い影響はありません。
チタンのインプラントは生体(人体)になじみやすく腐食しないもので、拒絶反応を起こさないことが証明された材質です。体に悪い影響はありません。

Q.インプラント埋入手術後、外観上の問題はありませんか?

A.外観上の問題はまったくといっていいほどありません。
人工歯冠は色や形状がかぎりなく天然歯に近く作られているので、外観上の問題はまったくといっていいほどありません。1本~数本埋入する場合も、他の歯に合わせて人工歯冠を選べますので、天然歯との違和感は生じません。

Q.インプラントが壊れたら?

インプラントの上部構造物(白い歯)はセラミックで出来ていますが、非常に丈夫です。
ただ、ご自身の歯でもかけてしまうような固い物を噛んでしまったときなどまれに破損することもあるようです。この場合には歯型を取り、作り直しになります。

各診療内容のご案内

  • 虫歯治療

  • 予防歯科

  • 小児歯科

  • 歯周病

  • 歯周外科

  • 審美歯科

  • ホワイトニング

  • インプラント

  • 矯正歯科

  • 噛み合わせ