歯周外科

歯周外科治療とは

板橋ステーション歯科の外科

歯周外科とは、歯の周りの組織に対する外科的な処置をすることです。

歯周組織には歯肉(歯茎)・骨・歯根膜(歯と骨の間に存在するクッション材みたいな組織)・セメント質(歯の根っこの表面)があります。歯周病によって崩壊がおきたこれらの組織を外科的な処置により綺麗に形態修正又は再生を促すことが目的です。

板橋ステーション歯周外科
メリット
  • 汚れが溜まりにくい環境を作れる。
  • 掃除しやすい環境を作れる。
  • 被せ物の精度をあげられる。
  • 骨を増やすことができる。
  • 硬い健康な歯茎を増やせる。
デメリット
  • 外科的な処置が必要。
  • ある程度の痛みを伴う。
  • 治癒するのに時間がかかる。(2~6ヶ月)
  • 治療費が高額になる場合がある。(材料により。基本は保険適用)

自家骨移植

骨の量が少ない場合に、患者様ご自身の別部位の骨の一部を移植する手術もあります。

生物学的幅径とは

専門用語なのでかみ砕くと「適正な歯茎の厚み」の事です。説明画像の数字は平均値であってもちろん個人個人違います。その厚みが歯周病や虫歯によって病的な状態に陥ると炎症を引き起こしやすい状態になります。

板橋ステーション歯周外科

すなわちブラシを当てると痛みが出たり、汚れが溜まりやすかったりせっかく精度の高い被せ物をしても長持ちしません。もし問題を抱えているようならご相談の上、積極的に改善を促していきたいと考えています。

歯周外科症例集

症例1. 根面被覆

板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科
歯茎が下がってしまっています。 歯茎を移植して覆った状態です。
汚れが付きにくくなりました。

症例2. GTR

板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科
歯茎を移植して覆った状態です。
汚れが付きにくくなりました。
メンブレンという膜をおいて
骨が再生しやすい環境にします
板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科
レントゲン写真上で白っぽくなってきました。
骨が再生されはじめています。

症例3. 歯肉切除

板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科
歯茎が部分的に分厚い状態です。 歯茎の位置を下げました。 これで精度が高くかつ維持力の高い被せ物ができます。

症例4. 歯冠長延長術

板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科
歯平面が傾いてしまっています。 歯茎を下げる手術を行いました。
板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科
歯茎が綺麗に治りました。 平面も整って綺麗に被せ物が入りました。

症例5. エムドゲイン

板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科
骨が無くなってしまっています。 再生を促す薬です。 薬を塗布した後すぐ縫合。
板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科 板橋ステーション歯周外科
術前 2ヵ月後 6ヶ月後 8ヵ月後

このように術前より歯周環境を整え汚れが溜まりにくくかつ手入れのしやすい環境を作ることが目的です。そして整えた環境を長く維持していく為にも定期検診は欠かせません。必ず歯周外科を行うというわけではありません。必要があればご相談の上方針を決めていきます。

治療に伴うリスク

再生療法における術後のリスクは、移植した自家骨または、人工骨が歯肉の縫合の裂開により感染することがあります。

各診療内容のご案内

  • 虫歯治療

  • 予防歯科

  • 小児歯科

  • 歯周病

  • 歯周外科

  • 審美歯科

  • ホワイトニング

  • インプラント

  • 矯正歯科

  • 噛み合わせ