当院について

診療理念

板橋ステーション歯科の当院について

板橋ステーション歯科が目指すもの

「予防メインテナンスに取り組む
歯科医院が、人々に提供する価値」

それは、生涯自分の歯でなんでも美味しく食べ、より健康で美しく、快適に過ごせる喜びです。
それを実現するのが、治療ではなく予防を目的とした新しい歯科医院への通い方です。
わたしたちは、健康な人がより健康になる、新しい歯科医院の通い方を提供して参ります。
私たちは生涯にわたって患者様を支えていきたいと願っています。

当院の4つの特徴

01

科学的根拠がある
精密で再治療が少ない治療

02

歯を守る予防歯科で
長持ちする治療

03

標準予防対策と
院内感染防止対策の徹底

04

なるべく削らない
痛みに配慮した治療

痛みの配慮について

患者様の負担を軽減させるために、なるべく痛みを抑えた痛くしない治療を心がけております。

安全で快適な治療の為に歯科の麻酔はさまざまな工夫が凝らされています。板橋ステーション歯科では患者様のからだとこころにかかる治療のストレスを軽減させる為にこれからもより一層努力して参ります。

痛みの配慮について

塗る麻酔 塗り薬による表面麻酔を行うことで、チクッとする注射針に対する痛みをほぼ解決できます。
麻酔液の保温 冷たいものを使用すると体温との温度差により痛みを感じますので体温に近い37℃にあたためた薬液を使用します。
極細の針 当院では髪の毛より細い針(33G)を使用しております。注射針には細いものと太いものがあります。これは細いもののほうが痛みを感じることが少なくなりますので、細い針を使用して麻酔をおこないます。
電動麻酔器 電動浸潤麻酔器は内蔵のコンピューターが注入速度と圧力を自動的にコントロールします。無理な圧をかけずにゆっくりと一定の速度で麻酔することができます。

局所麻酔

局所麻酔は、限られた箇所に麻酔薬を効かせる方法です。痛くない治療に役立っています。現在の歯科医院でもっとも一般的に用いられている方法です。

伝達麻酔

枝分かれする手前の、知覚神経おおもとの近くに麻酔薬を注射する方法です。神経の末端まで麻酔が効き、広い範囲に長い時間しっかりと効果があります。深い親知らずの抜歯などに用いります。

精神鎮静法(保険適応外)

意識があるままで、治療中の精神的なストレスを和らげます。痛みもやや感じにくくなりますが、通常の治療では、局所麻酔を併用します。主にインプラント等の外科処置時に症例により、行うことがあります。その際は麻酔医に依頼し、麻酔医の管理の下で行います。